データ復旧のプロに相談【問題をすぐに解決してくれる】

データのレスキュー

ハードディスクと人形

データレスキューの価格について

データレスキューには知識と高度な技術が必要になります。そのため、軽度の論理修理でも3万円から6万円ほどかかります。また、hddの容量により金額がアップしていきます。容量が大きければ大きいほど高くなります。重度の論理修理になると10万から25万ほどかかります。物理的な障害になるともっと高くなり、軽度の修理で15万円から50万円ほどかかります。重度の物理修理は20万円から65万円ほどかかります。これはあくまでも全国にあるデータレスキューの会社の修理の相場になります。個々のデータレスキューの会社やパソコンの状態によってはもっと安い修理代ですむこともあります。高額な修理費用に泣かないためにも、事前に修理の見積もりとデータ復旧できるかどうかの可能性の確認をして、価格や方法を熟知しましょう。

防止対策として

データを復旧するには大変な時間と労力が必要になります。その最たるものはコンピュータウィルスの感染です。データが破壊されるだけでなく、データが外へ漏れだす危険性もあります。また、感染した場合にデータの復旧ができないリスクも忘れてはいけません。データレスキューの会社でデータを復旧させることができればいいのですが、できないときもあります。永遠にデータが失われてしまうリスクです。 そうならないためには事前対策が大切になってきます。パソコンの操作の間違いをしないことやコンピュータウィルスに感染しないようにパソコンを守ることです。また、データの消失のリスクに備えてバックアップを2重にとることは必須です。重要なデータなら3重のバックアップをとってもとりすぎることはありません。バックアップを取るには外付けのhddが有効です。定期的に外付けhddへバックアップを取っておくと良いでしょう。

Copyright© 2017 データ復旧のプロに相談【問題をすぐに解決してくれる】 All Rights Reserved.